古着をリサイクルする

リサイクルショップの定番アイテムといえば、古着でしょう。
古着を専門に扱うお店もあれば、広いスペースを割いて古着を並べているお店もあります。
一度そでを通しただけで着なくなった服やサイズが合わなくなった服、着る機会のない服などは、買取ってもらってリサイクルするのがベストです。
古着に限らず不用品全般についていえることですが、買取価格や中古品の販売価格は店舗側で自由に設定できますから、高い値段で手離せるお店を探したいものです。
古着の場合、価格の設定はシンプルです。
ブランド品は1点1点状態や流行、人気などを確認して価格が決まりますが、ノーブランドの古着は重さで決められます。
お店によっては、すべてを一まとめにして重さを量るところもありますし、ある程度人気度やシーズンとのマッチ度などかを基準に仕分けて、それぞれに重さの単価を決めているところもあります。
季節外れのものや流行遅れのものがたくさんある場合は前者のようなお店がいいですし、欲しいと思う人がすぐに出るような季節に合った人気のものが多いなら、後者のお店の方が期待できるでしょう。
当然のことですが、クリーニングをしてきれいにしておくことが必要です。
また、スペアボタンなどがあるものは、それも一緒に出しましょう。
誰も着てくれそうにないと思えても、着るものに事欠いている海外へ送っているお店もあって、社会貢献に参加していることになります。
まだ着れそうな服なら積極的にリサイクルしましょう。
Copyright (C)2017不要品がお金になる?!買取サービス徹底活用テクニック.All rights reserved.