訪問買取サービスの注意点

貴金属に関連して多いトラブルとして、訪問買取サービスがあります。
買取をお願いして出張して来てもらうケースとは異なり、突然自宅に来て、不用なものを高く買取るから見せて欲しい、というケースです。
警察や消費生活センターでも取り上げられることが増えていて、注意が必要です。
注意が必要な訪問買取とはどのようなものなのでしょうか。
まず、このような営業をする場合、古物商許可と行商従事者証が必要です。
その提示を求めても応じないなら、不審な業者であるといえるでしょう。
帰ろうとしなかったり脅して怖い思いをさせたりするようなら、はっきりと断り、警察に通報します。
自分が被害に遭わなかったとしても、違法な営業をしている業者である可能性がありますので、遠慮せず通報しましょう。
もし貴金属を見せて買取まで話が進んだ場合、査定額に納得できないなら、売る必要はありません。
悪質な業者は相場より安く買取って利益を得ていますから、大幅に安いこともあります。
売却すると取り戻すことはまず無理ですから、査定額が提示されたなら自分でも調べましょう。
このような業者は、突然訪問してきて考える暇を与えずに引渡を求めますから、落ち着いて対応することも必要です。
今が最高値だとか、このチャンスしかないなどといわれると、納得しないまま売り渡してしまうことも多いようです。
そのようなことがないように、他の家族や近所の人などと一緒に応対することも良い方法でしょう。

話題の買取は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017不要品がお金になる?!買取サービス徹底活用テクニック.All rights reserved.